技術用語集

TOP > サポート情報 > 技術用語集 > 耐蝕ポンプ

耐蝕ポンプ

キャビテーション

常温の水を10m以上吸い上げようとすると、配管内の静圧力が飽和蒸気圧(saturated vapor pressure)以下になり、気泡が発生して吸上げできなくなる。液体の流れ中での圧力が飽和蒸気圧より低くなったときに、液体が蒸発したり溶存気体の遊離で、気泡が生じる現象である。気泡がつぶれるときに衝撃が発生し、騒音・振動を発生させ、ポンプやスクリューといった機器の効率を低下させる。また、壊食(エロージョン)などで機器を破壊することがある。
配管、ポンプ等の条件により決定される有効NPSHが必要NPSHより大きければ、キャビテーションは発生しない。

有効NPSH

インペラ吸込口における全圧がその水温に相当する飽和水蒸気圧よりどれだけ高く取れ、ポンプ内にキャビテーションを発生させないで正常運転できるかは、吸込み水頭にある限度以上の余裕のあることが必要となる。この圧力を有効NPSH(available net positive suction head)といい、次式で表される。

NPSHav=Ha-Hvp±Hs-hl

・Ha:吸込面に働く大気圧[m]
・Hvp:水温の水の飽和水蒸気圧[m]
・Hs:吸込み揚程[m](押込み運転のときは+、吸上げ運転のときは-)
・hl:吸込み管の全配管損失水頭[m]

ダイナミックシール

立形ポンプの場合、インペラ背面に裏羽根があり、ポンプ運転中に液には裏羽根の遠心力でケーシング内に戻ろうとする力が働くため、この部分にケーシングからの液の圧力と釣合う圧力膜ができる。この裏羽根の効果によって液体はインペラ背面から上には噴出さず、漏洩を生じない。

ページの先頭へ戻る